文章を書く事の難しさ

書くことに慣れてない人が、いざブログを始めようと思うと最初につまずくのが文章を書くことの難しさでしょう。

私自身、インターネットは検索する為だけの道具でした。(多くの人がそうだと思います)

発信する側になってみるとこれがどれだけ難しいことかがわかります。

日常会話でも「今の言い方まちがえたかも」と思う事が多々ある私にとって文章を書くのはさらに難しい。

伝えたい事を上手に文字にする事は簡単な事ではありません。

その文章にどんなに素晴らしい物語があっても、相手に伝わらなければ何の価値もありません。

私たち文章力のない人が説得力のある記事を書くには一体どうするべきなのでしょう。

どうしたら伝わるか

「どうしたら伝わるか。」

とは言ったもののすべての人に100%伝える事はまず無理です。

なぜなら、書き手と読み手は同じ人間ではないからです。(当たり前の事ですが)

上手い文章を書くことは、大事だと思うけど、その前に、伝えたいことをちゃんと書けてるかどうか?

まずはココからはじめていきましょう。

いつも読んでるブログを参考にしてみる

いつも読んでいるブログでも読み手は意外と読んでいるようで流し見をしている事がほとんどです。

読み手が書き手に変わる時、好きなブログの一語一句を見逃さないように盗めるところは盗み取る気持ちで読んでみましょう。

そうする事でどうしてこのブログが面白いのか?

書き手の視点がみえてくるはずです。

ブログは書き手の人格が表面にでてきます。

真面目な人がブログを書くとどうしても真面目なブログになってしまいます。

逆にフザけた人がブログを書くと面白い記事になったりする事があります。

真面目になる必要はありません。

継続は力なりとはよく言ったものです。

毎日書いているうちに、ブログはなくてはならないものになっていくでしょう。

最初はパクリに近い記事になると思いますが、それでもいいと思います。

(もちろん丸パクリはいけません。)

自分で文章を考える癖をつけていきましょう。

書いているうちに徐々にコツが掴めてきて自然に自分らしさが出てきます。

ブログの記事に文章力は必要ない

確かに文章力のある方の記事は読みやすく、説得力がありまた魅力的な内容であることが多いです。

私も文章を作るのは苦手で、書いては消し、考え、また書いては消しの繰り返しです。

後から読み返しても自分が一体何を書いているのかよくわからない内容になっていることが多くあります。

文章が上手い人が書くと一文がどんなに長くなっても説得力もあり、纏まりある一文になりますが、

私たち文章力のない凡人は長い一文を書くとどうしても文章の纏まりが弱く、内容が弱い記事になる場合が多いです。

そんな方は一文を短く区切って書くことをオススメします。

そうすることで、一文一文のまとまりを維持して伝えたいことを簡潔にかけば自然に読み手に伝わるはずです。

出来上がったら何度も読み返す

記事が出来上がったら必ず自分でも読み返すようにしましょう。

読み返すと自分の文章の弱いところがよく見えてきます。

私もまだまだ立派な文章を書けないので人に言える立場ではないのですが、まずは練習を積む事で文章力

が磨かれていくのだと思います。

何より続けることが大事です。

皆さんも諦めず頑張りましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加